ベビーカー

ベビーカー

スリングを愛用していた私はベビーカーって必要ないかなって思ってました。が、しかし子供の体重が増えていくとスリングで抱っこしていても限界がきてしまったり、長時間の買い物へ出掛ける時、散歩のときに、ベビーカーの必要性を感じ購入を決意しました。

ベビーカーを購入する時に悩んだのが、A型ベビーカーがいいか、B型ベビーカーがいいかということでした。B型ベビーカーのほうがコンパクトにまとまるし、安いし、種類もたくさんありましたが、リクライニング機能が付いていないやつが多く腰がすわるぐらいになってからがいいということを聞いたので、断念してA型を選択しました。

A型ベビーカー
A型ベビーカーだと、次の子が生まれてもすぐ使用でき、リクライニング機能もついているので、お散歩中、買い物中に眠くなっても背もたれをたおすことだってできるので、ベビーもきつくない体勢で寝ることができるというところが気にいりました。
また、買い物の時にショッピングセンターによってはベビーカーを貸し出ししているところもありますが、A型ベビーカーの場合だとインフォメーションへ行って、氏名や連絡先を記入して借りる必要がありますが、腰の座った7ヶ月ごろから乗れるベビーカーは、ショッピングカートと一緒に置いてあることが多いので、買い物際は気軽に利用できることもあったので、今のところやはり必要なのはA型ベビーカーでした。
子供が増えてくると、B型ベビーカーが必要になってくるでしょう。

あ、ちょっと余談で私の憧れですが、2人乗りのベビーカー。たまーに見かけることがありますが、双子が揃ってベビーカーに乗っているのって、とてもかわいいですよね。一度あのベビーカーを押して散歩に出掛けてみたいです。

ベビーカーの使用方法

私の場合、主にお散歩に出掛ける時にベビーカーを使用します。赤ちゃんでも外の空気を吸ったり、色んな景色をみて刺激を受けて欲しいですよね。子供がどんどん成長していくと、言葉もでてくるので、鳥や犬を見つけては指を指したり、川をみては水の流れに集中してみたり、花や葉を触ってみたりとお散歩だけで色んな体験できますよ。

ベビーカーの気になるとこ

散歩をしているとベビーカーに対して不満な点が1つあります。それはベビーカーのタイヤですが、少し太めを選ぶほうがよいと思います。散歩をしている中で鉄の側溝フタによくハマってしまうことがあったり、道路を横断中に歩道との少しの段差に上りきれなかくて、信号で焦ったりすることがあります。ベビーカーを使用して散歩に出掛ける回数が多いのであれば、タイヤ選びも重視してみてください。

子供がもうベビーカーを卒業したという方、お家で眠ってるベビーカーはありませんか?
お友達に赤ちゃんができたという方は出産祝いにプレゼントしてはいかがでしょう。
思い出の詰まったベビーカーを捨てたりリサイクル店に売ってしまうのは寂しいですが、出産祝いにプレゼントすればまた使ってもらえます。出産祝いでベビーカーをもらうことってあんまりないと思うので、きっと喜ばれるはず!!

recommend