ベビー用品

ベビー用品

子供が誕生するとなるとたくさんのベビー用品を購入しなくてはいけませんが、あなたは準備しましたか?ベビー用品を大きな分類でわけると、お出かけ用品、おむつやトイレ用品、授乳やお食事用品、ベビー寝具や家具、おふろや育児用品、安全グッズ、おもちゃなど、分類しただけでこんなにもあるんですよ。しかもこれはあくまで分類であり、ベビー用品を細かくあげていくとたくさんの数になっていきます。ちょっと大きくなれば必要な子供用品はまたあふれかえってきます。

こんな細かな用品、どれが本当に必要なのか気になりません?私の場合、あれもこれも必要なんじゃないかって思って、購入して失敗したこともあったので、まずは、出産後すぐに必要なものを紹介しようと思います。出産祝いでいただけるものも中にはあります。

おむつケーキ

おむつケーキで頂いたおむつがとっても重宝しました。おむつケーキは見た目が可愛くて使うのが勿体無いなぁとおもったのですが。頂いたおむつケーキは使わないと逆に勿体無いですもんね!!プリザーブドフラワーで華やかなお部屋は赤ちゃんにもお母さんにも嬉しいものです。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは枯れないように特殊な加工が施してあります。育児で忙しいお母さんには小まめな水変えなどの手間がかからないのもプリザーブドフラワーの嬉しいところです。

出産前に欲しいベビー用品

出産前に、これだけは最低限、買っておいたほうがいいリストを作ってみましたので下記を参照にしてください。

  • お出かけ用品・・・チャイルドシート
  • おむつ・トイレ用品・・・布おむつ、または紙おむつ・ おしりふき
  • 授乳・お食事・・・哺乳瓶・粉ミルク・洗浄綿
  • おふろ・育児用品・・・ベビーバス・ベビーソープ・爪切り・めん棒

以上は、産後退院してから、その日から必要になる最低限のもの達を紹介してますので、産前前に揃えておくようにしておきましょう。

それ以外は、少し落ち着いてくると、赤ちゃんの状況などや不便さを感じて必要なものが出てくるはずですので、それに応じてベビー用品を購入すると節約にもなりますし無駄にもなりません。
私の場合、赤ちゃんが産まれる前に、ウキウキして「これも使うだろう!」と思って買ったベビー用品達。しかし何度か使用したけど、使い勝手が悪くてそのまま放置したままのベビー用品が結構ありました。

1つ例をあげると、ベビーベット。ベットは使用せず布団で寝ていたので、寝る時に赤ちゃんだけベットを使用するのは少し不安だったこと。また3時間おきの授乳の際に、布団から立ちあがってベットまでという少し動作がしんどい状況でした。ということがあり、ベットは1週間使用したかどうかという状況のまま、そのまま置き去りに・・・という結果になってしまい、買わなければよかった。。。という後悔しました。

Favorite

自然葬・樹木葬ができる墓地5選 | 費用や特徴をまとめて比較